ふと、携帯電話をみるとI下ジョシから連絡が入ってる。

ふと、携帯電話をみるとI下ジョシから連絡が入ってる。
あ、しまった忘れてた、今日は久々の「I下会」に誘われていたのだった。

あわてて、JRに乗り込み高円寺でおりて抱瓶に飛び込む。
すでに-L下ジョシ、T原ジョシと週刊TのH編集長が宴会を始めている。食事をとったばかりなので、菊の露(泡盛)の水割りを作ってガンガン飲む。
そのうち、S木、K光くんも加わり、総勢6人。K光くんには、「次のネタは国立科学博物館の深海展にしたい」と告げて了承を得る。

二次会は、いつものように「オムニマッ」。住宅を買いたい。。。すでにS藤、H芝、それと「アクション仮面のなかの人」が飲んでいた。あとから、T塚も加わり、総勢10人。今回はライターのS藤ジョシやM庭女子が参加していないので、F社の社員でないには、私だけだ。ま、よくある展開だが。

途中「表に出ろ」的な一触即発ムードにもなりかけたシーンもあったが、終わってみれば和気藹々。3:00すぎに解散となり、そのまま歩いて帰る。

男どもはだいたい、その時点でそれぞれの自宅に帰ったようだが、一番最初から飲んでいる二人のジョシは、三次会のバーへと向かって行ったようだ。彼女らは強い!

住宅街を抜ける近道コースで徒歩帰宅。就寝は4:00すぎ。.

^^^^パークハビオ目黒リバーサイド

緊急地震速報の誤報。
これまでにも何度かあった(とボクは思っていたのだが、一般向け速報では初めてとニュースは伝えていた。ホンマかいな)。
今回も誤報。
とんだお笑い種である。

どこかの頭の良いオタクたちが税金を使って開発した地震緊急速報。
テレビ局はどこもかしこも緊急配備。
耐用年数が切れるまでに一度あるかないかの地震に備えるとは誠に見上げた心がけ。

この先、本当の地震までに何度誤報を流すのか・・・。

何度騙されても、私は貴方について行きます。
何だか、哀しい恋のようで・・・。
パークハビオ目黒リバーサイド

桂浜で見る海は思いっきり太平洋

桂浜で見る海は思いっきり太平洋
宿泊した土佐久礼の内海とは違って荒々しい波が打ち付けてます波。
高い波をずっと見ていたら恐くなってしまいましたふらふら。そして龍馬さんに接近(°∀°)おーー、ブーツ履いちゃってるよね
けっこう年上かと思いきやこの像の時、暗殺された時も33歳だって。高知最後のお食事は市内のクジラ料理のお店へ
クジラのお刺身や、メンチカツのようなコロッケを食す。
あと、特筆すべきはマンボウを食べました(°∀°)ノ。ヴァローレクオリタ浅草橋=*^-^*=にこっ♪
3つ目写真の真ん中の白いの。淡白なお味で、コリコリしてて。
お魚とは思えない食感。酢みそあえでいただきました。
お酒はクジラに合わせて酔鯨酒造のお酒をいただきましたよとっくり(おちょこ付き)。
本日もわっしょいわっしょい(笑)

^^^^パークハビオ武蔵小山

そう言えばチョット前にも、急激に足跡がついたことがあった。
それが何だったか記憶にはないが、結構、賑わせていた話題だったような気がする。

その仕組みが知りたくて(つまりどういう人がどうして興味を持ったか知りたくて)足跡を辿ってみた。
どういうワケだか若い女性が多い。
ますます分からなくなる。

どんな日記を書いているのか覗いてみようと思っても、大抵の人がマイミクのマイミクまでの公開に設定。
つまり赤の他人のボクは覗けない。

レビューを見てもボクと重なるものはない(そう言えば、以前は明らかにレビュー繋がりと分かる足跡もあったっけ)。

と言うわけで、ボクの疑問は解けぬままである。

ボクの知らない所で、イージーライダーが疾走しているのかと思うと、それは少し怖くて、少し楽しい。 パークハビオ武蔵小山

原稿も気になるが、まずは週刊誌の取材の段取りだ。

原稿も気になるが、まずは週刊誌の取材の段取りだ。
いつものEさんと、別のEさんにはすぐに連絡がついたが、もう一人、編集者がどうしても話を聞いてくれというMさんに連絡がつかない。
月刊Zの原稿を前に進めつつ、現状を報告し、「まあ、勝負は月曜日ですね」という言質をとって、切りのいいところで15:00になったので仕事を中断。

原宿クエストホールに向かう。この日は、クレージーでチケットを買った「奇跡の歌声」の持ち主Yuccaさんのライブがあるのだ。浦和で新築一戸川o’-‘)フフ♪自宅から現場に向かうまでの間にあちこちから携帯に電話が入る。クレージーのママが「今どこにいるの」ときいて来るのはまあ仕方がないし、月刊ZのS園が様子を探る電話を入れて来るのも仕方ない。「まあ、約束通り明日の明るい打までには、なんとかしますよ」と大見得を切っておく。困ったのはコメンテーターのMさん…と思ったら、「私じゃないですよ」という返答。おかしいな、と思っていたら、携帯電話の番号の「090と080を間違えていたというお粗末さ。まあ、いずれにしても月曜日に仕切り直しだ、と腹をくくって、クエストホールへ。

短かった日本も。

短かった日本も。
今日で終わり。これから。
ベトナムへ戻ります。着いたら。
続き書きますね。しっかし。
気持ち悪いなぁ〜。(昨晩、3時半まで痛飲↓)。
≪18:15≫。ソウル到着。空港内は。
雪が積もってますね。寒い寒い↓。結局。
二日酔いの気持ち悪さは治らず。ダイヤモンドメゾンときわ台うふ♪(*‾ー‾)v
福岡空港で2回ほど嘔吐して。
幾分回復しました。福岡→ソウル。
では、ずーっと熟睡。隣に座った。
太った韓国人が。
 「デブなので席が狭くて。
  スイマセンねー」。
と。
日本語で。
話しかけてきたので。
ビックリ。話を聞くと、日本に。
マグロの買い付けに。
来たそうです。いろんな人がいるんだなぁ〜。では、また。

夜九時までサックスのレッスン

電話ほど暴力的に他人の時間を遠慮なく奪うシステムは、たぶん他にはないですね。

夜九時までサックスのレッスンで、帰宅したら十時、十一時から本社と電話会議で翌朝七時から別件で電話会議です。今から一時間の間に晩御飯を食べてしまわないといけません。会議が終わったらさっさと風呂に入って寝ないといけません。なのに、親から電話が掛かってきて、どうでもいいことのためにまるまる一時間潰れます。忙しいといっても配慮してくれる親ではありません。そもそも「夜だから暇に決まっているでしょ」と信じて疑わない相手に何を言っても無駄です。

時間が迫っているし、腹も減っているし、明日も早いからさっさと寝たいのにこんな仕打ちをしてくるなんて、電話とはなんという暴力装置なんでしょうか。

素敵なサイトを見つかりましたので、皆さんにご紹介をします。

立川の不動産
ここ

立川駅は、東京都立川市曙町に所在するJR中央線、南武線、青梅線のほか、多摩モノレールも運行するなど、各方面へのアクセスは良好です。
都心部へも特別快速が利用できるため、30分程で行けてしまいます。
学生や社会人、ファミリーなど、あらゆる層にとって住みやすい街と言えるでしょう。
駅周辺は、吉祥寺、町田、八王子と並んで「多摩地域4大商業地」に数えられ、ルミネ立川店、立川ロフト、
ファーレ立川、ダイエー立川店など大型商業施設が立ち並び、買い物・食事に便利なエリアとして多くの人で賑わっています。
立川市の地形は平坦で、南側には多摩川が、北側には玉川上水が流れており、緑も豊かでございます。
北口・南口とも大型ビルと歩行者専用デッキで結ばれており、休日ともなるとこれらのデッキや駅構内を南北に結ぶ通路はかなりの混雑を呈します

^^^^パークハビオ中目黒

そう、その時のベンジャミンの虚ろな表情が昨夜の鳩山氏の表情に重なって見えたのである。

ベンジャミンが民主党で、花嫁は政権。
花嫁を奪われた新郎は自民党。

奪ったは良いが、実は大変なのはこれからなのだ。

卒業のラストシーンは様々な解釈がなされた。
バスの乗客が老人ばかりだったこと。
ベンジャミンの表情から笑顔が消え虚ろになったこと。
それらが全て、将来の不安を象徴しているというのである。

ベンジャミンたちを乗せたバスは何処へ向かうのか。
そしてベンジャミンは、エレーンは、花嫁を奪われた間抜けな新郎は・・・。

映画というのは無責任で、いつも一番大事なところ、ホントはこれからが大切だというところで幕が下りる。
だからその先は誰にも分からないし、映画はそれで良い。
パークハビオ中目黒

それから、この小林幸子という人

それから、この小林幸子という人、売れない期間が長かったからか、サービス精神が旺盛すぎる。で、芸達者なもんだから、何でもできてしまうんだけど、それもまた、ある意味では不幸でもあるなあ。彼女の代名詞は「紅白の豪華衣装」だけど、あんなものがなくても「歌の力」だけで十分勝負できるし、して欲しいもんだと思う。

そういえばプログラムの中に、黒柳徹子のモノマネをするコーナーがあって、客席にまわってくるんだけど、その時にMSさんが、アシスト役として一緒に回ってきたのには驚いた。「35年も舞台監督をやってくれてるMさん」と彼女自身が観客に紹介する。btoで買いました。MSさんも、なんだんか嬉しそうだ。

10歳でデビューしたときはそこそこヒットしたものの10〜20代まで鳴かず飛ばず、思い出酒がヒットするまでの苦労話がスライドになって流される。クサイ、とは思ってもやっぱり泣かされる。被災地慰問の話にもやはり涙。

ここで歌うには、雪椿。

20日、ギリシャ戦を見終わった

20日、ギリシャ戦を見終わった後、ぼけっとしてたら、あっという間に11:00が近づいてしまった。10:50あわてて自宅を出発し、E診療所へ。この日は久々に「胃カメラ」の検査である。前回、やってみて喉からやるよりは数倍楽だと感じた「鼻から胃カメラ」方式である。しかししかし、鼻から入れた麻酔剤が喉の方にまわってきて、喉の奥がおかしな感覚。チューブが鼻を通るのはまあいいんだけど、喉を通る時に、かなりの異物感があって、前回よりは、かなり苦しかった。セザール小豆沢(o^∇^o)ノ
先生(男性)は、私の胃の中をのぞきながら。
「うーん、軽い食道炎がありますね。十二指腸カイヨウの後がある。ちょっと赤くなってる部分が気になりますねえ。まあ、大したことはないと思いますが、一応、組織検査をしてみましょう」。
とかなんとかいって、チューブの中に細い器具を入れて、十二指腸の中の組織を一部つまみ出す。痛みや違和感を感じるかと思ったが、ちくりともしない。